忍者ブログ
[996] [995] [994] [993] [992] [991] [990] [989] [988] [987] [986
先日、Dog's smileの仲間である
繁殖リタイヤ犬のコーギー、うららちゃんに
家族が出来ました。

うららちゃんをご希望くださったお家には
8歳になる先住のコーギーちゃんがいました。

8年もの間、パパママを独り占めしてきた先住コギちゃん。
それがいきなりの新参犬。

新しく家族になる。
うららちゃんはもちろん、先住コギちゃんにご家族
それぞれみんなに相当の努力が必要だったと思います。

ママさんが送ってくださったメール
保護主の*chico*さんがブログにあげられてました。

犬を迎える事。
その覚悟。

沢山の方に知っていただきたくて、転載させていただきます。









こんばんは。
なんとか、お二人さん頑張ってくれてます。



うららんも、声を出すようになりました。
ななの声の方が大きいので
威嚇にはなりませんが。(笑)
うららんは、本当にいい子です。
何の問題もありません。
問題があるのは、こちらです。
その健気な姿を見ると
もっとのんびりを一人占めできるお家の方が
幸せなんじゃないのかなぁと思ったりもしました。

でも、やっぱりうららんには
この家の子になってほしい!
状況が早くいい方向にいように
期待してしまいますが
期待と考えず
思いという言葉に変えようと思います♪
みんなの、思いが通じますように☆
又、報告します。


トライアル3日目に頂いた報告メールです。
頑張れ、頑張れと思いながら、祈った日々。




そして、ピースを送り届けた後に
会いに行って来ましたYO。

以下は、希望者さまからのメール転載。
ワタシが応援したかったこと、お母さんの気持ち
きっといろんな方々が共感してくれるんじゃないかと思い
紹介させてもらいたいなぁと思います。

理屈でもなく、そのコを迎えたいかどうか
こんなにシンプルに伝えてもらえてうれしかったのです。





こんにちは。
明日で2週間ですね。
落ち込んで悩んだり
二人の寝顔を見て大丈夫と自分を励ましたり 
修行の2週間でした。

まず、こちらの気持ちとしては 
うららを正式に迎えたいと思っています。
ただ、状況といえば
一歩進んで二歩下がる状態ではあります。(笑)

まず今の状況ですが、お互いにフリーにするときは 
リビングとキッチンの間を
突っ張り棒で離しています。



突っ張り棒越しのご対面は
なんとか慣れたようです。
おやつも一緒にご対面して
吠えずに食べれます。

でも、うららをゲージに入れてななをフリーにすると
少しの時間は保てますが、最終うららのゲージに
ガウガウ攻撃しにいきます。

二人でやりあいます。
そこからなかなか進んでいません。

散歩も別々です。
(主人の休みが週1なので
 一緒に行けたのはまだ1回。) 

どういう方法がいいのか、私も考え中ですが 
旦那は元々、うららを返すつもりが無いので
時間はかかるものだと楽観的です。

確かにななには
8年もさんざんお留守番生活をさせ
一人に慣れていたのに 
また、飼い主の都合で
環境を変えなければならない。

2週間では難しいよねと申し訳なく思います。
(しかも 毎日 怒られて・・・)

二人のストレスが心配ではありますが
身体的には問題なさそうです。
二人ともご飯もがっつり食べてくれ
お腹もこわすことなく、うんちも良好。

うららは、ご飯の時
ふなっしー並みに跳びはねたりします。
散歩もななとは違い、しっかり歩いてくれます。
うららとの散歩が
私の一番のリラックスタイムです。


いかがでしょうか
こんな状態で
大事なうららちゃんを託していただくのは
chicoさんも夫さんも
不安を感じてしまうでしょうか。

正直 迷いもありました。 
吠えているなな 
吠えられてもじっとしてるうららを見て
私のしている事は、誰の為なんだろうと?

ただの、私の正義感を
二人に押し付けているんじゃないのか?と。
自問自答しました。

でも、chicoさんやゆっけママさんのブログを見て 
願って下さる皆さんがいる事を知り
みんなの思いを繋げたいと感じました。

だから諦めず、時間を掛けて
向き合っていきたいと考えています。



こんばんは。
やっと、散歩/ご飯が終わり夕寝してくれました。
いきなり双子を授かったみたい。(笑)
アドバイスありがとうございます。
chicoさんの言葉に納得・・・
私が叱ってると思う限り
ななは叱られてると感じるでしょう。
愛情の上での指導なんだよと
心に留めて、向き合う事で 
ななの感じ方は違うはずですよね。

ひとつひとつ進んで
ななのいいところも見てあげよう
そう思いました。




いきなり仲良く遊べる事なんて、奇跡に近いです。
まして、アクティブな犬種同士です。
環境は雲泥の差だけれど
お互い長い時間を、一人で過ごして来ました。





それでも犬は、少しずつ受け入れるのです。





犬と同席なんて考えた事がなかった先住ななちゃんが
同じ空間を、共有しています。出来るんです。




お母さんを取られて悔しいとかじゃなく
ただ、他の生きもののうららが気になります。





うららは、お母さんにベッタリと甘えます。
この時間、先住ちゃんは邪魔しない。
うららの心のフォローは、十分です。

「肩の力が抜けたとき、きっとストンと変わるよ」
って話をしていたら、お母さんが
「迎えます。ってメールしたらもうウチのコって思うと楽になりました」って。
一緒に暮らしたいと思って下さったことが
まずシアワセへの第一歩です。

どんなに時間がかかってもいい・・・
その気持ちが、大事なのだと思います。
保護犬も、心を開くことに差はあるものの時間がかかります。
自分の家のコと同じように接してもらえたら
と預かりさんには伝えてあります。
「今まで可哀想だったから」という『特別』は必要ないのです。
同じ家に住むものとして、公平に。
でも順番は付ける。 
それでけで十分なのです。





寝てるうららを確認して、すぅーっと向こうに行ったななちゃん。

どうよ、これ。
とってもいい感じです。





動きがないとちゃんとわかってます。
うららがキライとか、全てに警戒すると言うのでもありません。

動くものに反応する。
追い立てる。
コーギーの特性らしい行動なだけなのです。
うらら強いです。
肝心で反撃します。
またそれは、それでややこしいけど(^^ゞ





メールから想像していたのと、全く違って
お母さんの動揺しない態度と、大体は静かな二人をみて
「上出来やん!」とワタシ。
先住ななちゃんが一番頑張って、成果が出てる。
褒めるところがいっぱいじゃないですか。
ホント、うれしかったです。





突っ張り棒で二匹を近付けない。
これをする事、多分相当辛かったと思います。

ここまでする前に諦めてしまう方が多いんじゃないでしょうか。

だけど、何とかして好転させたい。
どうしてもこの子と家族になりたい。

その強い思いで、がんばられました。


コーギーは楽しい犬だけど
とても難しい犬でもあります。

「コーギーと柴は、あかんねん。」
散歩でよく言われます。
コギ飼いの方ほとんどが、言われてるんじゃないでしょうか。
それほど、他犬との関わりが難しい犬なんです。
李も、です。

だから今回
うららちゃん、先住コギちゃん、ご家族の努力が
どれほどだったのかが、良くわかるんです。

保護犬にはトライアル期間と言うものがあります。
その子の性格を知る事
先住がいるなら、相性を見る事等
家族に迎える事が出来るのか、試す期間です。

だけど、たかだか1~2週間でわかる事なんてしれています。
だから私は、試す期間じゃなく
覚悟を決める期間だと思っています。

小さな命を迎える事。
その責任は、とてつもなく大きくて。

だから覚悟が必要で。

諦めるんじゃないんです。
どうしたら家族になれるのか
考えて考えて、考えぬく時間なんだと思うんです。

うららちゃんのご家族は、まさにそうでした。

まだまだ大変な日々は続くと思います。
だけど、皆が笑顔になれる日は必ず来ます。

その日まで、そっと応援していたいと思っています。





* 只今、里親様募集中 *




    鈴之助

鈴之助のお問い合わせは、こちらから。

 

鈴之助の他にも、沢山の保護犬達がお迎えを待っています。




    しいな

しいなのお問い合わせは、アンケートフォームからお願いします。







ぽちっと応援、よろしくです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]