忍者ブログ
[288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278
「警察から、”車にひかれた柴犬を保護したんですが、威嚇して近づかせてくれません。
骨折してると思うのでなんとか病院に連れて行きたいんですが
どうしたらいいでしょうか”って連絡あって。
ケージの外から鎮静剤が打てたら、大人しくなって病院へ運べるようになるからと
かかりつけの先生に警察まで行ってもらえへんかお願いしたんやけど
休み明けで忙しいらしくて。」
レモピさんから電話があったのが、1時過ぎ。

仕事がちょうど休みだったので、とりあえず一緒に警察へ行ってみる事に。

柴犬で威嚇って、どんなに攻撃性のあるコ?
私達で何とかできるんかな?
車の中、そんな話をしながら4時過ぎに警察に到着。
駐車場の隅っこのケージの中に、こっちを見てるお座りした柴犬が見えた。

ケージまで50m、攻撃性のあるコならこの時点でも吠える。
近づいたって一声もあげない。

ん?聞いてたのと全然違う?

「少し落ち着いたみたいです。さっきはケージから出てましたし。」と係りの方。

レモピさんが持ってきたバリケンへ移動させようとオヤツで誘うが、一歩だって動かない。
もちろん、むやみに抱き上げる事もできない。
結局、警察のケージごと車に積む事にした。

病院はやっぱり込んでいて、順番が来ても
私達では柴君をケージから出す事ができないので
やっぱりケージごと診察室へ入れて、先生がすばやくエリカラをつけてくれて
看護師さんと二人係で抱き上げ、なんとか診察台へ乗せてくれた。
このとき、初めて柴君の声を聞いた。
うんん、声じゃなくて悲鳴。
動かされて、痛かったんだろう。

レントゲンを撮ってもらった結果、右の骨盤骨折が判明。
それも、ボッキリと。
また、左側の関節が浮いている可能性がある事もわかった。

救いだったのは、骨髄に損傷が見られなかった事。
立てないのは骨折のせいで、ぐっと足に力を入れて突っ張る事も出来るし
おしっこも、膀胱を刺激してやったら出た。
麻痺はしていない事にほっとした。

ただ骨折の場所が場所なだけに、固定での治療は無理なので
手術しか方法はなく、レモピさんのブログにあったように手術を待てるリミットは10日。
だけど今はまだこの柴君は、誰かの飼い犬。
飼い主さんの許可なく、勝手に医療行為を行う事は出来ない。

警察では、痛みからかご飯もお水も飲んでなかったという事だったけど
先生からi/dをシリンジでもらうと、おいしそうに食べ
お水も少し飲んだ。
痛み止めの注射と点滴をしてもらい、家での過ごさせ方を聞き
レモピさんの家へ運んだ。

私はワンコの介護なんてした事ないし、レモピさんだってした事ない。
訳わからんモンが二人して、あーだこーだとない頭を使い
とりあえず、柴君の寝れるスペースを確保。
(時間かかったわりにできたのはそれだけ。

そして今後の事を話すけど、どうやっても答えは出ない。

少しでも柴君が、安静に穏かに過ごせる事。
その為に、レモピさんが柴君をお世話する時間が作れるように
りぼんを連れて帰ってきました。

家に着いたら9時前。
留守番してくれていた李とりぼんに、ご飯を食べさせ
散歩に出て、ようやく長い長い一日が終わった。

だけど私以上に、昨日を長く長く感じたのはきっとレモピさん。
介護が必要な犬の世話をした事がない、その不安。
とても高額な手術費の事。
レモピさんにいろんな事が重くのしかかる。



とにかく、飼い主さんを探さなきゃ。
見つかったとしても、あの高額の手術を受けさせてくれるかわからない。
「はい、お願いします♪」なんて、簡単に言える金額じゃない。
犬を飼うと言う事の温度差に、悔しい思いをする事になるかもしれない。

だけど、なんでどーしてこんな事になってるのか何一つわからなくて
痛みと不安で一杯の柴君に、やっぱり飼い主さんの顔を見せてあげたい。

飼い主さん!
アナタのわんちゃんがいない事に、気付いてください!
PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]