忍者ブログ
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129
前回に書いたブログに、私の勘違いの事を書いたけど。
実は…
先日、チャネリングに行ってきたんです。



闘病中の杏の気持ちを聞きたかった。
だけど、それを100%信じる事は出来ない。
だって、ただでさえ愛犬を病気で亡くして落ち込んでいる飼い主さんに
さらに落ち込ませる様な事を言うはずがない。
言えるはずがない。
だからチャネラーさんは
飼い主さんが立ち上がろうと思えるような、優しい事を言うんじゃないか
正直、そう思っていました。

だから、辛い治療をしてきた事をどう思っていたかの問いに
「治療は辛かった。だけど仕方なかった。
 皆が治そうと頑張ってくれていたから、頑張ったよ。」

って聞いた時、思ったとおりの答えだったから
「やっぱりなぁ。」って思った。

だけど、その考えが変わった事があった。
杏に「うちに来てシアワセだったか?」を聞いた時に
チャネラーさんが
『うん、シアワセだったよ。』って言ってます。
 こうね、前足を何かに乗せて後ろ足をぴょんぴょんさせてる姿と
 抱っこしてもらうのに、肩の所に飛び乗る姿が見えます。
 そうしてる時がシアワセだったってメッセージなんでしょう。」

そう言った時に、一瞬「ん?」って思った。

病気になってからは沢山抱っこしてきた。
おしっこに行く時は、抱っこで外に行って
用が済むと、また抱っこで戻ってきた。
散歩も抱っこで行った事が何度もある。
だけどそれ以前、杏は本当に手のかからない子で
そんなに抱っこをした記憶がなかった。

そしてその時は、肩に抱えるような抱っこなんかしてない。
胸の位置で、大切に大切に抱いていたから。

それに、肩の上に乗る癖のあるのは李で
だから、チャネラーさんのその言葉を聞いた時に
「それって、李やん?」って思った。

そして、チャネラーさんは続けて
「だけど、そうしてる子。
 杏ちゃんの体つきとちょっと違うんですよね。
 もうちょっと太ってるというか、もさーっとした感じなんです。」

チャネラーさんに、李の存在は話してあったけど
容姿や性格の事は全く話してなかったし、写真も見せてなかった。
なのに、李の姿だけでなく癖まで言い当てた事に驚かされた。

この人の言う事、もう少し信じてみよう
そう思った。

私がチャネリングで何よりも聞きたかった事。
『李を迎えた事をどう思っていたか?』
お互いの遊び相手になると思って、二匹飼う事にしたけど
好き放題の李に対して、杏は
「あんちゃんっておりこうさんやね。」って誰もが言ってくれるほど、本当に賢い犬でした。
杏はいつもどこか李に、少し遠慮してるというか
一歩譲っている様な感じで
本当は杏も、もっと自由にわがままにしたかったんじゃないか
私はずーっとそんな思いを抱えてきました。
だから、何よりもその事が聞きたかった。

杏の答えは
「李の事は好き。可愛いし一緒に居て楽しかったよ。」
その答えにほっとした。

そして、さっきの『うちに来てシアワセだったか?』を聞いた時に
杏は「とってもシアワセだった。」っていうメッセージと一緒に
李の姿をチャネラーさんに送ってきた。
チャネラーさんは
「きっと李ちゃんと一緒に居れてシアワセだったって事を
 伝えたかったんだと思います。」
っておっしゃった。

母さんの心配は取り越し苦労って思っていいよね?

後、『ピンキーリングにお願いした事』を聞いてみた。
「病気が治りますように。」だった。
そっか、やっぱり杏も治りたいって思ってたんか。
そう思うと、治してあげれなかった事がとても悲しかった。

杏は今、天国への階段をゆっくり上って行ってる途中なんだそう。
あの頃は階段を上るどころか、歩くのさえままならなかった。
なのに今は、自分の足でしっかりと階段を上っている。
「母さん、もう心配ないよ。」
そう言いながら、上を目指しているんだそう。

そっか。
杏、元気でやってるんやね。
母さんもそろそろ、上を目指さなあかんなぁ。



チャネリングを受けたからといって、何もかわりません。
余計に会いたさが募ります。
杏との楽しかっ思い出を思っても
やっぱりまだ、笑顔よりも涙が先に出てしまいます。
それでも良いやん。
どんなに時間がかかっても、いつかは笑顔になれる事
私も、そして杏もわかってるから。
ゆっくりとその日を待つ事にしましょう。




ちなみに李にも聞いてもらった。
『杏の事は好き?』


            ダイスキ!
  お姉ちゃんはいつも遊んでくれたし、私を守ってくれてたよ。


チャネラーさん、いわく…
「遊んでもらってたと言うよりは、一人でちょっかい出して
じゃれてた、って感じに見えますけどね。」
って。

はい、全くそのとおりでございます。w





杏と李にとって、多頭飼いが間違いじゃなくて良かった。
PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
私はアニマルコミュニケーションを受けてる人を見たり
話を聞いたりして思ったけど・・・
信じる信じないは人それぞれ。でも、そのことで
心が多少でも救われる人は大勢いるんじゃないのかなって。

私はAC受けた時、なんでわかるの?ということがいっぱいあったから
うれしかったよ。
杏ちゃんが幸せだったこと・・・そんなことわかってるけど
こうやって言ってもらえるとうれしいね。

そうそう、プーも肩に乗ります。いつも肩乗りコーギーだねって言ってるよ。
yummyyummy| | 2010/03/22(Mon)22:14:18| 編集
お返事
* ゆみさん

多頭飼いってメリットもあるだろうけど、やっぱりデメリットもあって
李がきてからの杏は、本当に変わりました。
それがずっと気になっててね。
病気についての事はもちろん知りたかったけど
それよりも気になってたのは、二匹の関係。
だからそれが良い返事だったから、安心しました。

それを信じるか信じないかは
ほんと、その人それぞれですよね。

ぷーちゃんと、李
やっぱり同じ血なんですね。
私は李を、「猿回し犬」って言ってます。w
misa| | 2010/03/24(Wed)22:24:45| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   *HOME*   キラキラ
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]