忍者ブログ
[710] [709] [708] [707] [706] [705] [704] [703] [702] [701] [700
今日、フリーランスカメラマンの太田康介さんの講演会
『のこされた動物たち 原発20キロ圏内の記録』に行ってきました。



太田康介さんのブログ 『うちのとらまる』

太田さんは、東北地方太平洋沖地震の20日後から被災地に入り
取り残された動物達に給餌してくださいました。
その活動は今も続いています。

大阪や京都で、何度か写真展や講演会は開催されていますが
なかなか日程が合わず、今日ようやくお話を聞きに行く事が出来ました。



小さな会場でしたが、続々と人が集まり


開始時間には、椅子を追加しないといけないほどの人で埋まりました。

太田さんの撮られた写真に、皆さん、見入っておられました。















震災後、初めての冬
氷点下となる日が何日か続いた後、動物達の姿がぐっと減ったそうです。

それでも今被災地では、第二世代・第三世代の子達が
やっぱりお腹を空かせているそうです。

長引く給餌活動で、活動されているボランティアさんも
体力的にも精神的にも、かなりギリギリの所まできているそうです。
先日、悲しい事件もありました。

お手伝いに行けない事が申し訳ない。

帰り道、何が出来るんだろうってずっと考えていました。

多くの人達が、国会や国会議員に働きかけをした。
署名活動もした。
抗議のパレードもした。

だけど、何も変わってない。

沢山の人の力でさえ、変わらない事なのに
私一個人で出来る事ってなんだろう。

電車を下りて空を見上げたら、ほんのりと夕焼け。



震災時、被災地の犬の預かりをしたい。そう言った時
大阪にも、明日消えてしまう命がいくつもある。
被災地の犬は、多くの人が注目しているけど
大阪の保健所に居る犬は、誰にも知られる事なくひっそりと処分されていく。
そう助言してくれた人がいました。

身軽に動く事のできない今は、できる事をやるしかない。
わかってはいるけど、気持ちは焦ります。

だけど夕焼けが、ほんのり心を温めてくれました。

今は後方支援しか出来ないけど
ただ、この笑顔を



この大きなアクビを



この寝顔を


しっかりと守り、明日に繋げていこう。




公演が終わり、いらした方とお話しする太田さん。

私はお話しする勇気がなく
「ありがとうございました。」とお礼を申し上げる事しかできませんでしたが
今日は、今の自分を見つめ直す良い時間となりました。

太田さん、ありがとうございました。







明日もキミ達が「幸せ」だと思える1日でありますように。



小鉄のお問い合わせは
 まで。

くららのお問い合わせはアンケートフォームからお願いします。



ぽちっと応援、よろしくです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



こちらのコ達も里親様募集中です。


ココママさん保護。


一期君
マルチーズ・男の子
4歳くらい
体重 2.9kg
フィラリア (-)マイナス


優君
ダックスMix・男の子
1歳くらい
フィラリア (-)マイナス

預かりブログ み~とWANと♪


ことら君
トイプードル・男の子
3歳

預かりブログ みじかいあんよ♪ レオ&めぐ♪



お問い合わせは、ココちゃまんのブログまで。
PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
講演会に行ってこられたんですね。
かつてボランティアさんの活動ブログなどを巡っては
何もできないことと、
遠くから祈ることしかできずにいた私です。
そんな中、一枚のとても悲しい画像にふれブログ巡りから目を背けるようになりました。
鉄格子の犬小屋の中で、檻から身がはみ出るほど張り付いたまま息絶えたワンちゃん。
その鼻先にはドックフードが(..)
檻さえなければすぐ目の前に・・・(..)
絶望感を覚えた瞬間です。
現実から目を背けるつもりはありませんが、
今自分が出来ることを、身近なことから考えていこうと思いました。
すこしでも助かるいのちが繋がることをを願いながらU^ェ^U
misaさんの優しさ溢れる愛情で保護された犬、猫ちゃんたちが早く幸せに繋がることを心から祈ってます。
私が絶望感を覚えたあの子達の消えた命の意味が無駄にならぬように、
それがなによりの事だと疑わずにはいられません。

アプリコットに花芽がつきました(*^_^*)
ももじ| | 2013/02/04(Mon)20:55:09| 編集
お返事
* ももじさん *

私もその写真、見ました。
その子の色んな気持ちを思うと、悲しくて悔しくて、やり切れませんでした。

講演ね、最後まで行くか悩んだんです。
だって、お話を聞くと絶対に泣いてしまうと思ったから。
もちろんスライドショーは、涙なくしては見れませんでしたし
多くの方が泣いておられました。
被災地には、後方支援しか出来ていません。
大阪でグダグダやっているだけです。
だけどいつかもっと身軽に動けるようになった時、その時にまだマンパワーを必要とされているなら是非駆けつけたいと思っています。

自分の出来る事、これもなかなか難しいです。
misa| | 2013/02/05(Tue)00:29:42| 編集
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人五年目の娘
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

社会人三年目の息子は、八尾で一人暮らし
単身赴任十年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]