忍者ブログ
[152] [151] [150] [149] [148] [104] [147] [146] [145] [144] [143
長い間書けなかった、杏の最後。
かなりの長文です。

またひどい表現もあるので、苦手な方は読み逃してくださいね。





12月29日

尿素窒素を体外に排出させる治療をするために
朝一番で杏を病院に預けた。

点滴で体に水分を入れ、沢山おしっこを出さす。
それで尿素窒素を体外に排出。
上手くいく事を願いながら、仕事に向かった。

仕事は全く手につかなかった。

仕事から帰って、様子を聞く為に病院に電話をすると
思ってもいなかった事を先生から言われた。

浮腫み・腹水が酷くて、思うほどの水分を入れれない。
一時間に20ccの予定が、10ccがやっと。
今はそれさえもきつくて、5ccにした。
おしっこはしてるけど、状態は改善されない。
昼に、何度か危険な状態になっている。
だけど、夜に帰ってくるお父さんに何としてでも会わせてあげたいから
必死の治療をしている。


そして、先生が言った。
つらくて見てられない。
って。
そんなこと言う先生じゃないのに、先生にそうまで言わせてしまうほど
杏の状態は悪いんだって、わかった。

慌てて病院に向かう。
そして、見せられた血液検査の結果。

正常な数値がなかった。
ほとんどが異常だった。
杏の内臓は悲鳴をあげるどころか、もうぼろぼろだった。

ゲージの中の杏。
輸血の時は誰かが近づくと顔を上げたけど、今日はピクリとも動かないらしい。
もう動けないんだろう。

そして先生からは
尿素窒素は神経を刺激するから、この先もっと酷く体を痙攣させるだろう事
旦那が大阪にいる間(戻りは1月2日の飛行機)には
多分息を引き取るであろう事
もしかしたら、今夜の旦那の帰宅にさえ間に合わないかもって事

耳を塞ぎたくなる様な事を言われた。
だけど、これが現実。

「とにかくお父さんに会わせてあげたい。
 そのためにぎりぎりまで治療したいから、20時頃に迎えに来れるか?」


頷くしかなかった。
預けている間に何かあったら
そんな思いが頭を掠めたけど、先生を信じるしかない。
杏の生命力にかけた。


そして、杏に会わずに診察室を出た。
杏が「連れて帰ってもらえる。」と思うとかわいそうだから
会わない事にした。
診察室から出る時、先生は
「何としてでも生きて病院から出してあげたいからな。」
そう言った。

息子が出掛けていて、夕食がいらなかったから
病院を出て、娘とご飯を食べに出掛けた。
病院には娘もついて来ていて、先生の話を聞いていたから
努めて明るい話をしようとしたけど
今になっては、何を食べたのかも覚えていない。
油断すると零れそうな涙を堪えるのに、必死だった。

数日前の血液検査の結果は、こんなにステロイドを使っているにもかかわらず
内臓の数値は、びっくりするくらい正常で。
だから、二度目のパルス療法をする事を選んだ。
あの時はもうそれしか、方法がなかったから。

だけど、今回のパルスのステロイドが杏の体を急変させたんじゃないか。
その思いが頭の中いっぱいで、思わず娘に
「母さんがパルスなんか選んだから、こんな事になってしまった。
 母さんが杏を殺したようなもんや。」

そう言うと、娘は
「だけど、せーへんかったら杏は今日父さんに会えてなかったで。
 だから、母さんは間違ってないって。」

そう言った。

子供だと思ってたのに、こんなに一丁前な事を言うようになってんな。
多分この三ヶ月、娘もきっといろんな事を学んだと思う。
その一つが、この台詞。
杏は自分の身体をもって、私たち家族にいろんな事を教えてくれた。
早く、その杏に会いたかった。

20時前、再度病院へ。
診察室で待っていると、奥から杏が連れられて来た。
夕方先生から聞いた事が信じられないくらい、杏はふつーに見えた。
私と娘の顔を見て、一瞬笑った気がした。
だけど、手は浮腫れてパンパンだった。
「朝と比べて、様子はどうや?」
「見た感じは、変わらないです。」
「そうか、もし明日も治療をしようと思うなら連れておいで。
 出来る事を考えよう。」


もう出来る事なんてないです。

その言葉は飲み込んだ。

そして先生は、私を案じて
「多分これからは、見るのが辛いような事が沢山起こる。
 もしどうしても辛くて見ていられへんようになったら、連れておいで。」

そう言ってくれた。

うんん、先生。
いままででも、十分辛くて何度も目を逸らしたい事が何回もあった。
だけど、その思いを何とか拭って今日までやって来た。
もうこれ以上はないって思ってる。
もしもしそうだったとしても、逃げない。
私が、家族が、ずーっと傍に居る。

心の中で、先生に返事をした。



家に連れて帰って、いつもの布団に寝かせた。
朝ご飯を食べなかったから、もしかしてお腹が空いているかもと
ご飯を用意してみたけど、やっぱり食べなかった。
のども渇いてるかと思って、お水を飲むように言ったけど
もちろん立ち上がる訳もなく、口の脇から少しずつ流し込んであげても
それが喉を通る事はなかった。
朝より具合が悪い事を実感せざるをえなかった。

旦那が帰宅する時は、モノレールの終点駅まで迎えに行く。
だけど、とても杏の傍を離れる事はできなくて
旦那には、最寄り駅へ迎えに行く事で了承してもらった。

「疲れたやろ?父さん帰ってくるまでちょっと寝とき。」
そう言っても杏の目は、かっと開いたまま。
早く帰ってきて!
心の中で、ずっと叫んでいた。

21時半、「もうすぐ着く。」
ようやくのメール。
慌てて駅へ向かったけど、なかなか旦那は来ない。
電車を降りた旦那は走って車までやってきて、慌てて車に乗り込んだ。
その時、携帯が鳴った。
「杏が目を閉じるねん。早く帰ってきて。」
家で一人杏を看ていた娘が、泣きながら電話をかけてきた。
「今出たからっ!声、掛けてあげてっ!」
家へ急いだ。

家の前に車を停めて、とにかく旦那に家に入ってもらう。
車を駐車してから家に入ると、杏の目が私を見つめた。

間に合った。
とにかくほっとした。

23時、出掛けていた息子も
玄関を開けるなり、走って階段を駆け上がって帰ってきた。
杏と息子は、毎日会っているとは言え
息子の顔を見る事もでき、私はまた安心した。

何か食べて欲しい。
そう思ってダイスキな食パンを口に持っていくけど
口は開くこともない。

旦那が蜂蜜を買ってきてくれた。
鼻に塗ってやると、ペロっと舐めた。
これならいける!
そう思ったけど、舐めたのは最初に塗った分だけ。
杏の舌は動かなかった。

これが、杏の最後の食べ物だった。

旦那・息子・娘・李・私で、寝ている杏を囲んでいたけど
このままこうしていても仕方ないし
暗くして杏を少し休ませてあげたかったから
何かあったら起こすと約束して、皆には寝てもらう事にした。

杏を寝かせる前にはいつもおしっこに連れて行くから
今日も連れて出ると、もう自分では立てないけど
支えられながら、きちんと自分でおしっこもウンチもした。

もしかしたら、大丈夫?!
そんな風に思った瞬間だった。

いつものように杏の隣に布団を敷いて、横になった。
杏の手を握ると、やっぱりいつものようにそれを拒否された。
「あんちゃん、いいやん。今日は繋がせといて。」
そう言うと、杏が手を振りほどく事はなくなった。

杏を撫でながら、いろんな話をした。
やっぱり今となっては、何を話したか覚えてないけど。
だけど、不思議と涙は出なかった。
うんん、話を止めてしまうと泣いてしまうから。
だから、時々水を含ませ、体の向きを変え、杏に話しかけ続けた。


2時、怖いくらいにぶるぶると震えていた痙攣が
この頃から時々数分、止まるようになった。
それは多分あまり良くないんだろうと、なんとなく思った。

知らない間に一時間ほど眠ってしまってた。
慌てて杏を見ると、ぼーっと何かを見ていた。
うんん、何かを見ていたんじゃなく
もうただ開いているだけだったのかもしれない。
私が動くと私を追っていた視線が、もう動かなくなっていたから。
さっきみたいに、体からお尻のほうに向かって撫でてやると
お尻が濡れている。

布団をめくってみると、おしっことウンチが大量に出ていた。
ウンチと言っても形なんてなく、泥状の液体。
急いで汚れたシーツをはずし、腰からお尻を塗れタオルで拭いてあげた。
だけど泥状のウンチは、止まる事なくだらだらと出続けた。
もう肛門を閉じておく力もないんだろう。

人は死ぬと、いろんなところから体液が出ると聞いた事があった。
杏はまだ死んではいないけど、もうその状態に近いって事?

少しでも気持ち悪い思いをさせたくなかったから
まめにシートを換えて、お尻を拭いていた。
もう本当に長くはないと思った。

5時半、旦那を起こす。
7時、娘が起きてきた。
8時、そろそろ息子を起こそうと、娘に起こしに行ってもらったその時
杏の体が大きくゆっくり痙攣し、目はいっそう見開いた。
口からは青くなった舌が力なく出ていた。

「ひぃちゃんっ!はやくっ!」
杏の手を握りながら、叫んだ。
慌てて息子と娘が降りてきて、杏の傍に座った。

「杏!」
「杏!」
皆がそう叫んでた。

杏はやっぱり目を見開いたまま、のけぞるような動きを10回ほどして
動かなくなった。

この時の杏の目、今も頭から離れない。
杏からの最後のメッセージ。
「助けて。」だった?
「死にたくない。」だった?

動かなくなったけど、杏は暖かいままだった。



皆が泣いていた。
どれくらい経っただろう、こうしていてもどうしようもないから
「ご飯、作るわ。」そう言って私は杏の傍を離れた。
ご飯を作っていても、涙が止まる事はなかった。

旦那と子供達は言葉もなく、ダイニングテーブルは静かだった。
もちろん私は食事なんて気にはなれず、杏の傍にいた。
言葉はないにしても、こんな時にご飯を食べれる旦那と子供の神経が
少し信じられなかった。

死後硬直は、すぐに始まった。
だけど、体のぬくもりは変わらない。
暖かいまま。
暖かいのに。
暖かいのに、なんでだろ?

私は出続けるウンチを、ただただ泣きながら拭くだけ。
家族の前でこんなに泣いたの、多分初めて。
少しだって堪える事なんてできなかった。



その後の事は、覚えてない。
どうやってその日(12月30日)を終えたのか。
31日の朝は、どうやって迎えたのか。

次に思い出すのは、杏が上っていった空が
真っ青だったって事。


そして思い出す。
一番つらかったのは杏が死んだ時じゃなく、火葬釜の扉が閉まった時。
杏の命じゃなくて、体がなくなってしまう時。
杏の肉体がなくなる。
本当に杏が居なくなる。
杏自身が見えなくなる事が、何よりも悲しかった。

やっぱり今も思う。
どんな形でも、病状が改善されなくても、例え寝たきりでも
もっと一緒に居たかったな。

ふふ、四ヶ月も経つのに、相変わらず諦め悪いな。w





今まで杏の病気の事を書いてきたのは
不幸にも同じ病気になってしまったワンちゃんと飼い主さんの
少しでも役に立てたら、と思ったから。
だから、きちんと最後まで書かないと意味がない。
杏の最後が、もしかしたら何かのヒントになるかもしれないんだから。

四ヶ月も時間がかかったけど、ようやく全てを終わらせる事が出来ました。

そして私は、やっぱりこの病気のワンちゃんと飼い主さんの役に立ちたいと
次の事を始めようと考えています。

どれだけ時間がかかるかわからないけど
思ったようなモノになるのかも、まだわからないけど
今はそれに向かって進んで行きたいと思っています。

まだまだ泣いています。w
だけど、こんなに前向きになれました。
杏もきっと、喜んでる。

ねっ、あんちゃん ♪

母さん、がんばるよ。















PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
言葉になりません。
NONAME| | 2010/05/07(Fri)21:20:04| 編集
無題
misaさん

こんばんわ。
今まで杏ちゃんの最期が書けなかった理由はなんとなく
わかってましたが。。。
こーして読んでみるとやっぱり、ひまわりの事を思い出して
涙がでました。。。
misaさんと同じく身体がなくなってしまう・・・
この世からいなくなってしまう事が信じたくなくって。。。
先の見えない闘病よりもあの瞬間が一番辛かった・・・
絶望のふちにたっているよーでした。

あれから4ヶ月。
misaさんが前向きになられた事がすごく嬉しいです。
そして皮肉にもこの病気で知り合えた事 
心から感謝しています。

これからもよろしくお願いしますね。
みいこ| URL| 2010/05/07(Fri)22:14:03| 編集
無題
misaさん、がんばったね。
がんばって全てを書いてくれて、どうもありがとう。
鳥肌が立ち、涙が止まりません。
本当にここできっちり書くことはつらかったことと思います。
でも、misaさんは強いや。杏ちゃん、そんな母さんで幸せだったよ。
この病気は治療法も確立されていないから、本当に飼い主さんは自分を責めてしまうけど、、それに、、うちもまだまだ薬を使い続けているからとっても怖いけれど、きつい薬を使い続けるしかないし、あの時はパルスをするしかない状態だった。実はうちの先生にも聞いたの。
そしたら「私だったらやります。それしかない」と断言していました。
言わなかったけど。
ごめんなさい。長くなった。
でも、本当にありがとう。
前に向けた証かな。そうだといいけれど、、、。
次のこと。がんばって下さい。
そして、いつでも連絡下さい。
杏ちゃん、今日は空からしっかり見守ってるね!!
sasha| | 2010/05/07(Fri)23:53:44| 編集
無題
最後を看取ることが こんなにも壮絶なんて・・・なんと 言葉にしていいかわからないです。涙が止まりせん
闘病中 それからの息を引き取るまでの思いは 想像を絶します。杏ちゃんの体がこの世から消えることも・・・

どんな言葉をここに書いていいかわからないです。杏ちゃん安らかに。
ヴァニコ母| | 2010/05/08(Sat)16:29:29| 編集
無題
お久しぶりです。

コメントはさせていただいていませんが、
あれからもずっと読ませていただいていました。

ななこちゃんのブログでもコメントを拝見しておりました。
(私もコメントさせていただいておりました)


杏ちゃんの最期、
心して読ませていただきました。

涙が…止まりません。

とてもうちの愛犬の最期に似ていたから。。


愛犬は来週13日がやっと49日です。
まだまだ涙がこみあげます。



杏ちゃん、最期は家族みんなに見守られていたんですね。

それがわんちゃんにとって、
すごくうれしい事だったんじゃないかと思うんです。

みんなに声をかけてもらって、
最期まで一緒にいれたこと。

きっときっとわかってくれてる。
喜んでくれてると思うんです。

変な言い方ですが、
幸せな最期だと思います。


うちも家族全員で看取りました。
それが愛犬にとって幸せだったと信じています。


杏ちゃん、
今はきっとお空から、
ご家族を見守ってくれていると思います^^

ピオ| | 2010/05/08(Sat)16:43:11| 編集
無題
きちんと書いてくれてありがとう。
杏ちゃんはこうやって家族に看取られて旅立ったんだって
私の中でも完結したような気になりました。

辛かったね。こんな言葉では言い表せないくらいだと思うけど
でも家族みんなで杏ちゃんの名前を呼んであげれたのは
杏ちゃんにとっても心強い旅立ちになったのかな。

私も父が闘病中のとき、どんな姿でもいいから生きていてほしいと
願いました。そして一番心が壊れそうになったのが
misaさんと同じ火葬場の扉が閉まる時でした。
肉体が消える・・・その衝撃は体験した人でしかわからないと思います。

misaさんは立派です。しっかりと杏ちゃんを見送って
次の一歩を踏み出してる。
私は、プーがいなくなったときのこと考えると怖いです。
強くなれるのかなって。それも経験しないとわからないことだね。

杏ちゃんは病気になってしまったけど
手厚く看護され、家族に見守られ・・・・
やっぱり幸せだったんだと思いました。
yummyyummy| | 2010/05/09(Sun)15:55:37| 編集
無題
misaさん、杏ちゃんの最期を書くのはとっても
辛かったと思います。。。
書くということはどうしてもその場面を
思い出さないといけないから。そのことを思い出すのは
心が張り裂けそうな思いをしなくてはいけないから・・・


でも書いてくれてありがとう。
杏ちゃんは家族に看取られてとっても幸せだったと思います。

うまく書くことが出来なくてごめんなさい。
私も涙が止まりません。。。
はっちん| | 2010/05/10(Mon)23:06:14| 編集
お返事
* NONAMEさん

全てを書く事は、誰かの何かの役に立つかもしれないけど
同じ経験をした人には、そのときの思いをフラッシュバックさせてしまうから
そんな事もあって、なかなか書けずにいました。

コメント、ありがとうございました。


* みいこさん

この記事を書き上げた日の朝
私、みいこさんのブログにお邪魔して、なんでひまわりちゃんが亡くなったのかを
最初から読ませてもらったんです。
けど、やっぱり答えは出ないですよね。

みいこさんの勉強量にも、頭が下がります。
これから大変心強いです。
こちらこそ、よろしくお願いしますね。


* sashaさん

とりあえず、杏の事、一つ整理できました。
こうしていくつもの事を一つずつきちんと整理して行ったら
全部終わった時、心から笑えるんじゃないかって思っています。
整理整頓はかなり苦手なんですが、がんばって行きます!


* ヴァニコ母さん

こうして文章にして読んでみると、確かに壮絶ですね。
だけども、あの時はただただ必死でした。
もう出来ることをしてあげるしかなかったですから。
出来る事も、そうありませんでしたけどね。


* ピオさん

同じような感じでしたか。
悲しい気持ちを思い出させてしまった事は、本当にごめんなさいね。

私には沢山の後悔があります。
だけど、たった一つだけ良かったって思っている事は
一人ぼっちで逝かせる事がなかった事。
本当の最後を診てあげれた事。
それだけは満足しています。

ピオさん家のわんちゃんも、皆に見送られて嬉しかったでしょうね。


* ゆみさん

私も李の時は、今以上に怖いです。
杏が居なくなっても李がいてくれたから、私は引きこもる事もなく
こうやって何とか悲しみを乗り越えてきたけど、次は誰もいない。
もう怖くて怖くて仕方ないですよ、今度こそ自信ないですもん。w

だけども確実にその日は来るんだから、後悔なく
今一生懸命になってあげるしかないですもんね。


* はっちんさん

ワンちゃんや猫ちゃんの飼い主さんには、こんな思いはして欲しくない
、そう思うけど
相変わらず沢山のワンコが、この病気を発症しています。
早く、この病気に効くお薬が見つかるといいのになぁ。
そればかりを願っています。
えるちゃんはお薬が効いた一人。
本当にそんなワンちゃんは、今この病気で戦っているワンちゃんにとっては希望中の希望です。
だからどうか、ずっとずっとがんばってくださいね。


misa| | 2010/05/11(Tue)00:11:07| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]