忍者ブログ
[150] [149] [148] [104] [147] [146] [145] [144] [143] [141] [142
杏が空に旅立って、今日で四ヶ月。

もう四ヶ月かぁ。
早いなぁ。


杏は私のお布団に入ると、いつも私に背中を向けて寝ました。
だから私は、杏の背中にくっついて
杏の右耳と左耳の間に顔をうずめて
杏のにおいを感じる事が大好きでした。

何ヶ月もそうしていたのに、月日と言うものは時には残酷で
あんなに大好きだった杏のにおいが
だんだんと私の中から薄れていくのです。

「いつか思い出せなくなる。」
そう思うと怖くて苦しくて、気が狂いそうでした。
ある時友達に話したら、友達は
「気が狂いそうになるくらいに苦しいんやったら
 いっその事、忘れてしまったらいいやん。
 それで楽になれるんやろ?
 それににおいを忘れたからって、杏の全てを忘れる訳じゃないやん?
 何かを一つくらい無くしたって、まだ大事な物は残ってるやろ?」

そう言ってくれました。

そっか、そやな。
においを思い出せなくなっても、杏の顔はまだ目に浮かぶし
喜んだ時、ちょっと跳ねて歩く姿も
李とよだれを付け合ってじゃれ合う姿も
へそ天で白目むいて爆睡する姿も
シャンプー中のちょっとみすぼらしい姿も
散歩に行くと、いつだって私を確認してた姿も
はっきりくっきり思い出せる。

においを忘れちゃう事は、悲しいことだけど
忘れたらいけないと言う思いが
どうしようもないくらい私を苦しめるのなら
その思いを捨ててみて
思い出そうとしても、思い出せなくて苦しいのなら
思い出す事を止めてみて
それは間違った事じゃないはず。

ふっと気が楽になりました。



最近の私は、随分と泣く事が少なくなりました。
いっぱい思い出すと泣いてしまうから、少しだけ杏の事を思い出すと
ちょっぴり笑って思い出せるようになってきました。

月日は残酷だけど、時には優しかったりもします。

そんな私の横には、いつも李が寄り添っていてくれています。



父さんとなら歩いて行く駅前の広場。
ラベンダーが綺麗に咲いています。
私とはぜーったい行く事なかったのに、最近はしょっちゅう行かされます。
遠いので、私はあまり好きではありませんが。w


 
この前にいった花博公園のチューリップ。
今はチューリップの花びらで作ったフラワーロードがあるんやって。
GW、父さんが帰ってきたらまた行こな。

李が居てくれていたから、引きこもる事無く、深く深く落ち込む事無く
苦しいながらも、杏の死を何とか乗り越えてこれました。

李には、感謝してます。
杏の分も、これから李と頑張っていかへんとな。

そろそろ泣き虫とは、お別れです。



 


PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
忘れることは悪いわけでもなんでもないよね。
徐々に笑って思い出せるようになるのが供養のような気がするし
杏ちゃんもそれを願ってるかも・・・・

杏ちゃんと一緒に寝ていたんだ♪
プーは一緒に寝るのを嫌がります。夜はさっさとハウスに入り
触ろうものなら鼻に皺よせるし(ーー;)
寝るときはひとりでのんびり寝たいのかな~~

チューリップと李ちゃん、笑顔だね♪
珍しくこっち向いてるし(笑)


yummyyummy| | 2010/05/01(Sat)09:41:41| 編集
無題
杏ちゃんのにおい・・・かわいいかわいい子のにおいは 突然 ふっと忘れた頃に どこからか 一瞬だけすることもあると思います。

そのときは、そのにおいを瞬時に思い出すことでしょうね♪ なつかしい 癒しをくれるそのにおいが 鼻を伝って わかる日が 来ます様に。

季ちゃん かわいい~~♪
ヴァニコ母| | 2010/05/01(Sat)13:01:10| 編集
無題
前に向きたい!!
そんな気持ちが、痛いほどに伝わってきました。
でも、本当に何年たったって絶対に忘れないこと、沢山あるし、
何年たっても急に暖かい涙を純粋に流せることも、沢山ある。
無理せず。でも、前を向いて、上を向いて、李とまた歩いていってね。
本当にみささん、大好き!!
がんばろう!ってやっと少しだけ言える、そんな日記でした。
春だよーー!!
また、いつでも声を聞かせてくださいね!
sasha| | 2010/05/01(Sat)23:44:30| 編集
はじめまして
私も先月4日に3才のコーギーを同じ病気?(赤芽球ろうか免疫介在性溶血性貧血か確定せず)で旅立たれてしまいました。貧血みたいだなと思って病院に行ってから、わずか12日で逝ってしまいました。今日たまたまこちらのブログに出会い、今の自分の思いを重ねて、泣きながら読み、同じ思いをしている方に出会えた気持ちになり、前向きになる勇気が湧いてきました。パソコンからメールをしたかったのですが、文章がまとまらず断念しました。とにかく勇気をもらったことを伝えたくてコメントさせていただきました。
とも| | 2010/05/02(Sun)23:26:19| 編集
お返事
* ゆみさん

今までは忘れる事が怖かった。
杏の為に忘れちゃいけないって思ってた。
だけど、それでしんどいんだったら本末転倒。
少し楽になれました。

李もね、とりあえずは一緒のお布団に入ってくれるけど
夜中に起きたら、必ず私の足元。
「や、一緒のお布団に入ったらな、母さん悲しいかな?って思ってさ。」
多分、そう思ってるハズ。w


*ヴァニコ母様

薄くなっていくにおいの記憶ですが、時々強烈に感じる事があります。
それが、とても懐かしくて愛おしい。
その愛おしい分、それを忘れてしまう事が怖かったみたい。

時々が、ほんの時々になっても
強烈が、微かになっても
それでもそれを感じられたら良いな。
四ヶ月かかって、やっとそう思えるようになりました。


* sashaさん

もう桜はすっかり終わっちゃったけど
ほんの少し、私にも春が来た気がします。

もうちょっとがんばって、杏の事を全部済ませたら
今度は自分が楽しめる事、またやって行きたいって思っています。

私もsashaさん、ダイスキ。


* ともさん

ご訪問、ありがとうございます。
まずは、わんちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

12日の闘病でしたか。
私は今でも考えます。
杏は三ヶ月病気と闘いましたが、これが一週間だったらどうだったんだろう?って。
諦めつくかな?
後悔するかな?
だけど、きっと同じなんでしょうね。
諦めなんかつかないし、後悔だってしない訳ない。
悲しさだって一緒。
だけど、きっとどっちもワンコは幸せだったはずですよね。

私は四ヶ月かかって、やっと自分の気持ちをここまで持ってこれるようになりました。
ともさんはまだ一ヶ月。
いろいろとお辛いでしょう。
急いで慌てて元気になろうと思わないで、無理はしないで
本当にゆっくりで良いと思います。
ワンちゃんも、ともさんのそのスピードに合わせて
隣をそっと歩いてくれていると思うのです。

こんなブログでも、ともさんの少しの力になれたのなら
私、嬉しいです。

ありがとうございました。


misa| | 2010/05/05(Wed)23:48:57| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]