忍者ブログ
[122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [113] [112] [111
沢山の方が私だけでなく、李の心配をして下さってます。
なので、今日は李の話を。



ある日な、杏ねーちゃん、いくらちょっかいかけても全く反撃せーひん様になってん。
でな、その次の日に皆で珍しく車で山登ってん。
帰りはなんでか、杏ねーちゃんがいーひんかってんやん。
その次の日からな、やたら皆が撫でてくるねん。
杏ねーちゃんも、帰ってきーひんし。
皆、どないしたんやろか?




一緒に住んでいたワンコが亡くなると、残されたワンコは
食欲がなくなって痩せてしまったり
元気がなくなってしまったり
そんな事も聞いていたので、正直心配していました。

だけど李は、全くそんな素振りはなく
杏が居なくなってからの李と言えば
急いで食べないと杏に取られちゃうと思っていたのか
噛まずに飲み込むように食べていたご飯を
少しゆっくり食べれるようになりました。
先日の記事にも書きましたが
いくらお布団に入れてもすぐに出て、布団の上で寝ていたのが
私の隣で寝れる様になりました。
少し甘えん坊になりました。
あんなに散歩嫌いだったのに、何処までも歩く様になりました。
今日も公園に行って、ディスクです。



          時々は落とさずに取れる様になりました。



          ヘロヘロになっても止めないのが困りモノ。



口周りが、ヨダレと枯れ草でコテコテ。




毎年初詣は、私の守り神様である石切神社にお参りに行きますが
さすがに今年はそれどころでなく、氏神様が精一杯でした。



李は、鳥居の外からお参りです。って
鳥居写ってないし。


だけど先日、もうまもなく受験の娘の合格祈願にと
李と一緒に参ってきました。



はい、今日も鳥居の外でお留守番です。



参道商店街も混雑してなくて、お散歩にはもってこい。



石切大仏。でっかいでしょ?
この後、石切駅まで上ってん。
母さんはヒィヒィ言ってたけどね。


杏の闘病中、杏一人で留守番させるのが嫌で
常に李か子供が居る状態を心がけていました。
だから李の散歩は、子供が帰ってきてから。
息子は部活で帰りが20時とかだから、ほとんどは娘が帰ってきてから。
その娘もすぐに塾に出掛けてしまったりで
散歩に行けない日も、かなりありました。

正直、杏の面倒が精一杯で
なかなか李をケアしてあげる余裕がありませんでした。

杏はカロリーを取るために、食事の他にもおやつを食べていて
だけど、杏だけにあげる訳にはいかなくて
李には煮干とかささみとか、なるべく低カロリーなモノをあげてたけど
散歩もままならない李は、10.3kgにまで体重が増え
家の階段を上がれなくなりました。

階段で右往左往している李を見て
李をこんな風にしてしまったのは私だと
李に対しても涙を流しました。

その後、何とか気持ちを奮い立たせてダイエットを始め
先日ようやく、目標体重の9kgまで体重を落としました。
お腹を触ると、アバラ骨が感じられるから
先生にはもう少しだけ体重を増やすように言われたくらいなのに
ふさふさの毛の李は、道行く人に「よう肥えて。」って言われます。
着膨れ、です。

こんな風に李は、以前と何も変わらない毎日を過ごしていましたが
先週、耳を異常に痒がり
(痒み止めを三日ほど飲んだら治まりました。)
今週は、下痢しています。
(下痢以外は問題ないので、お薬を飲んで様子見中です。)
お腹を冷やさない様に腹巻をさせていますが
その姿が杏とダブって、ちょっと切なくなります。

一ヶ月経った今頃、何かを感じ始めたのでしょうか?

杏をあんな形で亡くしてしまったから
散歩の途中に歩かなくなっただけで、「もしかしたら!?」とか
やたらと鼻を舐めてるのにも、「何か病気のサイン!?」
そんな風に思い、ほんの些細な事でさえ怖くなります。

今日はいつも以上に、家族の健康を願って
恵方を向いて、巻き寿司をほおばりました。

そして、自分の事は何にもしたくなかった私ですが
今日、ようやく一つ動けました。
スーパーに献血車が来ていて、一度は素通りしたけど
「やっぱり!!」と思い引き返し、テントの中に入りました。
結果はいつもと同じで、比重が軽くて
車に乗る事は出来なかったけど、それでも動けた事には変わりない。
ちょっと、進歩です。
けど献血は、自分の為じゃなく誰かの為の行為やから動けたのかも。



今は下痢してますが、李は元気です。

私は思います。
もし、李が居なかったら…
私はもっと泣き暮らしていたと思うのです。
李がいるから
ダイエットのために野菜を煮てあげないといけないし
散歩だって、満足するまで連れて行ってあげなきゃいけないし
ボールやディスク遊びにも付き合ってあげなきゃいけない。

それが、私の気持ちを支えてくれている気がします。
だから、李には感謝です。

あさってのお休みには、また公園です。
お天気、良かったらいいね。
それまでに下痢が治まってるといいね、すぅちゃん。












PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
すぅちゃん かわいいです♪ フラッフィーのすぅちゃんかわいいです♪下痢早く治りますように。
すぅちゃんがいてほんとよかったですね。気になってました、すぅちゃんのこと

すぅちゃんにとっても環境がかわったから 少しばかり体調がくずれているのかな?
うちの子もよく外耳炎になります(そのときは耳を振るので)
また、ブログに すぅちゃんのこと知らせてくださいね。

私も献血何度行っても比重の関係でできたことがないです。
ヴァニコ母| | 2010/02/04(Thu)07:08:21| 編集
無題
昨日アップしたプーの眠そうな顔とそっくり!(笑)
振り返る顔も、フリで大満足の笑顔もお散歩嫌いなところもそっくりだ!!やっぱり姉妹だね♪ なんだかうれしくなりました。
その後、お腹の調子はいかがですか? 李ちゃんも李ちゃんなりに気を遣ってたのかな。我慢してたのかな。

杏ちゃんがいなくても李ちゃんがいるからいいよなんて決してないけど、李ちゃんがいるおかげで少しでもmisaさんの元気の素になるなら何よりです。
献血、ダメでしたか(^^;) 私もまたしたいけど、花粉症の薬のみはじめるともうNGなんですよね~残念!
yummyyummy| | 2010/02/04(Thu)11:27:31| 編集
無題
供血の呼びかけで知った 杏ちゃんのこと
その日からこちらをお邪魔しない日はありません
悲しい知らせのときはとてもさみしくて残念で かける言葉もなくしていました

ゆっくり時をかけて その悲しい寂しい悔しい涙は
きっと優しい涙にかわっていくと信じます。
だから 今はこころの叫びを綴ってください
『会いたい・・・』と泣いていいんです
私もそうしたように それでいいんです

李ちゃんが
少しゆっくり食べれるようになったのも
ママの隣で寝れる様になったのも
少し甘えん坊になったのも
あんなに散歩嫌いだったのに、何処までも歩く様になったのも
ママのぽっかりあいた心に李ちゃんがそばにいるよってこと
そして杏ちゃんもいっしょだよって 寄り添ってくれてるんだと思います

杏ちゃんと変わらない 李ちゃんを想うmisaさんのそのひとつひとつ
ダイエットのために野菜を煮てあげられること
散歩だって、満足するまで連れて行ってあげられること
ボールやディスク遊びにも付き合ってあげられること
美味しいものを食べて 青空仰いで いい汗かいて
ゆっくり misaさんのペースで歩んでください
misaさんの笑顔はきっとお空の杏ちゃんに届いていますよね(^_^)


李ちゃん お休みの公園が楽しみだね(*^_^*)


ももじ| URL| 2010/02/04(Thu)19:49:00| 編集
無題
そうかぁ~李ちゃんは、一人っ子生活を楽しんでるのね~
でも李ちゃんは、少しでも家族のみんなが
笑っていれるようにと思って、頑張ってるのかも知れないですね。

私は、いつかムクがいなくなった時
私自身が、普通の生活を続けられる自信がなく
去年コナンを家族として迎えたんだけど
でも、やっぱりムクはムクで、いなくなった時に
コナンがいるから、大丈夫!ってもんじゃないんだなぁ~
と、今思ってます~
誰もそのコの変わりはできないんだよね。

でも、傍にいてくれれば、日々の忙しさで
泣いてる時間も少しは、なくなるのかなぁ?とも思うけど。
ワンコとのお別れは、飼ってる以上避けて通れないことだけど
その時を迎えた時に、少しの後悔ですむような生き方を心がけていきたいですね。

misaさん 石切神社のお近くなんですか~?
うちは、今年久々に石切さんに初詣に行きましたよ~!
misaさんとことおうち、結構近いかも~!?
うちは石切さんよりは、少し京都よりのS市です~

ムクまま| URL| 2010/02/04(Thu)20:35:19| 編集
お返事
* ヴァニコ母さん

コーギー飼いの方なら、フラッフィーのコーギーをご存知ですけど
大体の方には「何(の犬種)ですか?」って聞かれます。
杏と歩いているとコーギーってわかってもらえたけど
一匹になると、ますます不思議なワンコになってしまいそうです。


* ゆみさん

私もね、いつかのプーちゃんの写真を見て
「李とそっくりっ!」って思った事があって、コメント入れようとしたら
モブログで、コメント欄がなくて。
でも、やっぱり姉妹だなぁって思ってました。

李が杏の代わりになる事はないけど
それでも李が杏の分も私を支えてくれています。
そして私も、李の中に杏があけた穴をふさいであげれたらと思っています。
今は二人で一生懸命遊ぶ事がお互いの為かな?


* ももじさん

杏の訃報に一番にコメントを入れてくれたのが、ももじさんでした。
なんて言えばいいのか難しいだろうに
それを言葉にして下さいました。

寂しい気持ちは、杏も私も一緒。
だけど悔しい思いをしているのは、私よりも杏の方。
杏がしたかった事を全てしてあげれたとは思えないし
無念や心残りを思うと、いつだって涙が流れます。

空の杏に、もっと沢山の笑顔を見せれるように
ちょっとずつやっていきます。


* ムクままさん

S市ですね、わかりますとも!
私はお隣のD市です。
てっきり兵庫の方かと思っていました。

もう一度この悲しみを経験しないといけないのかと思うと
正直、もう今から怖いです。
ましてや次は支えになってくれる子がいないし。
だから、きちんと自分で立てるように
李との毎日を大切にしていきたいと思っています。



misa| | 2010/02/06(Sat)00:29:23| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人五年目の娘
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

社会人三年目の息子は、八尾で一人暮らし
単身赴任十年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]