忍者ブログ
[119] [118] [117] [116] [115] [113] [112] [111] [110] [109] [107

杏。

あなたの事を思って涙が出そうになったら
キッチンの隅とか
お風呂とか
洗面所とか
あなたの目の届かないトコへ急いで行くけど
そんなのきっとあなたには、お見通しだよね?





虹の橋の存在は、ココにいらっしゃってる方ならご存知でしょう。
そして、「雨降り地区」の事も。



幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は
残して来てしまった誰かさん、特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても
ずっと「雨降り地区」から、出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして
同じ悲しみに凍えているのです。


                  「虹の橋と雨降り地区」より抜粋

最初にコレを読んだ時、私、感動したんです。
「うんうん、だから泣かんと笑ってあげやなあかんねんやんな。」って。

だけど、こうやって実際に自分が「誰かさん」になった今
この雨降り地区の存在が私のココロを苦しめます。

「私がいつまでもメソメソしていたら
 杏が雨降り地区で、冷たい雨に打たれる。
 早く元気にならなきゃ。」


そんなプレッシャーが私を襲うのです。

この悲しみは、簡単に癒える様な悲しみじゃないのに
早く、早くと私を急かすのです。

だけど、最近
「気持ちに無理をせず、泣きたいだけ泣いたら良い。
 何ヶ月でも何年でも、泣いたら良い。」

こんなコメントやメールをいただく様になって
すーっと気持ちが楽になりました。



私は、雨降り地区なんてないと思います。
皆、真っ直ぐに虹の橋の袂に向かうんです。
そしてそこで沢山のお友達と、楽しく走り回って遊ぶんです。

家族の誰かが、一年経っても二年経ってもメソメソしてたって
楽しく遊んでいるんです。

だって、ワンコが一番良く知ってるじゃないですか。
どれだけ悲しんでも、どれだけ泣いても
いつか必ず笑顔を取り戻してくれるって。
そう言う人だって事、いつもいつも傍に居たんだから
ワンコはきちんとわかってる。
だから心配なんてせずに、楽しく遊んでいるのです。


杏にも言ってます。
「母さんはたっくさん泣いちゃうけど、心配ないよ。
 だからあんちゃんは、お友達といっぱい遊んでね。」
って。

私の涙腺が超ゆるゆるなの、杏も知ってる。
だから杏は「もう母さん、ほんまに涙腺弱すぎー。って笑ってる。

今日の朝、李と散歩してたら
供血をお願いしたハスキーのリキに会った。
杏の事を話して御礼を言うと、リキのママは涙を流してくれました。

杏のお別れに来てくれた近所のお友達も、杏の為に泣いてくれました。

またこのブログで杏の訃報を読んで、沢山の人が涙を流してくれました。

杏の為の沢山の暖かい涙が、優しさとなって
今、杏に降り注いでいると思います。

杏、よかったね。




ねぇ、杏。

日に何度も流れるあなたへの涙が
一日一回になって…
何日かに一度になって…
一ヶ月に一度になって…
いつしか、数ヶ月に一度になっても
薄情だ、なんて怒らないでね。

涙が笑顔になっただけ。
笑顔にかえてくれたのは、杏、あなただよ。

そしてあなたへの想いは
何年経っても少しだってかわらないんだからね。
PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
涙って、、、暖かいよね。
雨降り地区なんてあるわけない。そんなのは家族を亡くしたこともない人が勝手に作った「虹の橋、追加編」ですよ。
「いつまでも泣いてたら悲しむよ。」何て、、何て勝手な言い方だろう。
私、母をなくしたときに人から言われるた「元気出して!」にどれだけ傷ついたか。。。でも、優しい友人たちに「ちゃんと悲しんであげて」って言われていろんなことがわかったんだ。

亡くなった魂は一日で2000日も上のほうに行くんだって。
だからとっても崇高な高い位置にもう杏ちゃんはいるらしいよ。
そして、笑顔で、みささんよりもずっとずっと高い魂になってニコニコとみささんを守ってるらしいよ。みささんが今悩んでること、辛いこと、全部お見通しで高い位の仏様になって守ってくれてるんだよ。
そして、暖かい、みんなの涙は、そのまま暖かいぬくもりとして杏ちゃんに届いているんだよ。

私ですら、ココに来るとまだ涙が出ます。

みささん、自分らしく。そのままで。無理しないで。

杏ちゃんは、、つくづく、、みささんがお母さんで、幸せな犬だったなあ。。。。。
きっと今頃、沢山のお友達と駆け回ってるね!!
sasha| | 2010/01/22(Fri)23:15:57| 編集
無題
私は父を亡くした時、家族以外の誰にも会いたくない時期が続きました。「がんばって」とか「元気出して」って言われるのがイヤで。心配してくれる気持ちはありがたいけど、私の気持ちがわかるの?っていやな女になってましたよ。
悲しいのは当然、泣くのも当然。だから、杏ちゃんのために悲しむのは当たり前です。私だって、会いに行こうと思ってたからとても悲しいよ。かける言葉もなくて読み逃げしてるし。ごめんね。

以前プーをみてもらったことのあるアニマルコミュニケーターの方が話してました。
「この子たちは死ぬのを怖がってないよ。怖がって引き止めるのは人間の方。この子たちは役目を終えたら帰っていくのですよ。」って。
でも、いざそうなると「行かないで」ってなるのも当然って。

この子たちはすべてを受け入れてくれるよね。だからホントにこれでよかったのか、もっとしてあげれることはなかったのかって、私たちはいつまでも思い悩んでしまう。でも、その時にしたことってやっぱりそれがこの子たちにとっては一番なのかなって思う。
もちろん、私もmisaさんと同じ立場になったらいろいろ思い悩むと思うけど。
misaさんが杏ちゃんを忘れないのと同じように、杏ちゃんの魂だってmisaさんのこと忘れないよね。
yummyyummy| | 2010/01/24(Sun)16:38:37| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]