忍者ブログ
[111] [110] [109] [107] [106] [105] [103] [101] [100] [99] [98
杏を見送る日の朝、私はこの冬初めての雪を見ました。
寒いのは苦手だけど雪は好きな私の為
杏が降らせて見せてくれたんじゃないかな
なんて思いながら、窓の外を見ていました。

そしてこの朝
杏がどんなに汚しても良いようにと敷いていた古い夏物のラグを
ようやく冬物に替えました。



三ヶ月もの間、痛くてしんどい治療をいっぱいして辛い思いをさせたのに
最後の最後にまで熱い熱い思いをさせてごめんな。



こんなに大きな空やから、煙突から出て迷子にならんように
まっすぐ虹の橋まで行くんやで。


最後の血液検査の結果
杏の内臓はもう正常なトコがほとんどなく、ぼろぼろでした。
だけど、丸裸になった杏の内臓は
その検査の結果を疑うくらいにきれいでした。

ただ、骨髄の一箇所だけが真っ黒でした。
ココが杏を苦しめてたのか
そう思うと悔しくて、涙が出ました。
だけど息子は、これも杏の大事な一部やからと言って骨壷に入れました。

普通の骨壷で連れて帰ってくるつもりでいたけど
頭の骨を入れる時に係りの方が
「頭を全部入れる事はできないので、崩して入れてください。」と言ったその言葉に
「崩すなんて絶対にいやや。」と息子が全く譲らなかったので
予定よりふたまわりも大きくなって帰ってきました。



もっとしてあげれた事があったんじゃないか、とか
あの時こうしてあげていたら、とか
思う事はいっぱいあります。
後悔はないと言ったら嘘になります。

だけど、杏が一番辛かったと思う一ヶ月
その一ヶ月、24時間杏と過ごせた事。
そして、一人ぼっちで逝かせずにすんだ事。
それだけが、なにより良かったです。

無事、初七日も迎える事が出来ました。
あっという間の七日間でした。
これからもきっとこんな風に、時間は過ぎていくんだろうな
そんな事をぼんやりと考えていました。

実は、「お体大事にしてください。」と
沢山の方に言ってもらってたにもかかわらず、見事に風邪を引いてしまい
仕事が休みの日はひたすら寝ていました。
今日で四日目ですが、微熱が続いています。
高熱が出ていた時は、いくら杏の事を思っても
涙は出ませんでした。
だけど微熱になった途端、涙が出てくるんですよね。
なんて体は正直なんだろうと思いました。

まだまだ涙の毎日です。
だけど、そんな私の姿を一番悲しんでいるのは杏だってわかっているから
もう少し泣いたら、きちんと笑いたいと思っています。

杏がいなくなって、主人も鹿児島に戻り、一気に寂しくなった我が家。
李も心なしか元気がないようです。
だけども彼女も小さい体で一生懸命
いろんなことを感じ取ってるんだと思います。
時に私に笑顔をくれ、また涙をくれます。
そんな李にも、「きちんと笑ってあげないと。」
そう思っています。



沢山のメールにコメント、ありがとうございました。
お一人お一人にお返事できなくて、本当にごめんなさい。
だけど、ありがたく読ませていただいています。
もし、ブログやホームページをお持ちでしたら
URLを残していただけると、嬉しいです。
いつか必ず、お礼に伺いたいと思っています。

三ヶ月もの長い間、祈って下さった方
また輸血が必要になった時に備えて待機して下さっていた方
皆さんのおかげで、杏も私もココまで来れました。
何度も何度もくじけそうになったけど、頑張る事ができました。

コメントに「気のきいた事を言えなくてごめんなさい。」と
沢山の方が書いて下さいましたが
私の方こそ、気のきいたお礼の言葉を言えなくて本当にごめんなさい。

心から…
心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
杏ちゃん、よく晴れたきれいな日に旅立っていったんだね。
私もいつかは経験することです。
そのときに後悔がないなんてことは、どんなに一生懸命尽くしても思わないよね。もっと何かできたんじゃないかってきっと自問自答すると思います。
でもmisaさん、見てた人はみんなわかってるからね。

杏ちゃんとmisaさんのがんばりと深い愛情を。
杏ちゃん、一度しか会えなかったけど忘れないからね。
みんなを見守ってあげてください。

misaさん、無理はせずゆっくり心も体も休めてください。
そしていつか、「こんにちわ」ってまた遊びにきてね。
待ってます。
yummyyummy| | 2010/01/07(Thu)17:29:04| 編集
無題
お疲れさまでした。

私もいつか経験することです、小さいときから犬と共に育ってきました。わんこなしの生活はさみしいものです。私が一から育てたのは、今の子が初めてです。きっとmaisaさんと同じように感じ、思うと思います。

ましてや、病気だと悔しい思いでいっぱいになると思います。どうしていいのか、わからなくなると思います。

だからゆっくり、体調を整えて行ってくださいね。

ひとつ嬉しいことがありましたよ!
それは yummyyummyさんと通じて、misaさんと知り合えたことです。
杏ちゃんが、いたからこそ出会えた縁ですから、これからも宜しくお願い致しますm(__)m



どうぞ、一日も早くmisaさんそしてご家族の皆さんが元気を取り戻せますように、遠く札幌より祈っています。
りょう| URL| 2010/01/07(Thu)20:53:57| 編集
無題
杏ちゃん、青く晴れた空だから、きっと迷子にならずに虹の橋に行けたのではないでしょうか。
きっと今頃は元気いっぱい走り回っているのカナ。

今は、泣きたい時は、思いっきり泣いて下さい。
そして心に降る雨が上がったら、今度は杏ちゃんの為、そして目の前にいる李ちゃんの為にも、思いっきり笑ってあげて下さい。

杏ちゃんとmisaさんには、本当に沢山の勇気をもらいました。
杏ちゃんのこと、ずっと忘れません。

misaさんどうかお体ご自愛下さいね。
風邪早く良くなりますように。




にこまるママ| | 2010/01/07(Thu)20:58:13| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(no subject)   *HOME*   (no subject)
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]