忍者ブログ
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [61
杏が元気だと、私も元気が出る。
杏が元気でないと、なんだか私も元気が出ない。
杏の元気が、私に映ってる。
本当は反対でないといけないよなぁ。
いつも私が元気で、その元気を杏に分けてあげれるように。

諦めの悪い私は、いつになったらこの現実を受け入れて
折れない心で立ち向かっていけるんだろうか?



杏は、元気です。って言っても
その辺のワンコとは比べ物にならないくらい、へばっていますが。
輸血&ガンマから帰ってきた時の呼吸よりは落ち着いた感じ。
一日中震えているのが、気になるけど。
先生曰く、
「人でも自分の意思に関係なく、目の下辺りがピクピクする時あるやろ?
 そんな感じやと思うで。今は筋肉が衰えてるからな。」

だそう。
それに、おりものがすごい。
こんなの初めて見た。

「鼻水が出るんです。
 目ヤニが出るんです。
 呼吸が荒いんです。
 鼻息がすごいんです。
 おりものがすごいんです。
 もうな、そんな小さな事を気にしててもどうしようもないんや。
 何度も言うけど、何が起こってもおかしくない状態にかわりない。
 前を見ていくしかないんやで。」

また、怒られた。
そう、もう何処も彼処もすべてが正常ではないから。

先生は決して楽観的な事を言ってくれない。
「治るから、大丈夫や。」
なんて、言ってくれた事ない。
それでも私は、過剰に期待して落ち込んでを繰り返している。
先生にはきちんと杏の事が見えてるから。
「一日中、杏の事が気になってるわ。」
先生もそれだけ必死なんだろう。
そして、きっと私の事も見えてるんだろう。
楽観的な事は決して言ってはくれないけど
いつも前向きに進むよう、励ましてくれている。
先生の前で泣いたのは、一度だけ。
その時も、ただ進む事・闘う事を教えてくれた。


メールが届く。
開けると『供血の件です。』
件名を見るだけで、涙が出る。
杏の前で泣いたらあかんと思うけど、こればかりはどうしようもない。
親切が身に染みる。

見ず知らずの方が、杏の為に自分の子に針を刺そうとしてくれる。
大切な大切な血を、分けようと思ってくれている。

「頑張って。」
「大丈夫?」
「食べてる?」
「体、気をつけや。」
そんなメールも届く。

ありがとう。
杏と私は、本当に沢山の人に支えられています。
心から、ありがとう。



昨日辺りから冷え込み始めた。
風邪や肺炎が怖いから、寝ている杏にひざ掛けをかけるけど
いつの間にやら飛び出して
おまけにどうしてだか、何も敷いてない床を好む。
掛けては飛び出され、飛び出されては掛けて…
こちらでも、闘い勃発。

そうや!杏はコタツが大好きや。
コタツの中だと(もちろんまだ電気は入れない)、こっちも安心。

急いでコタツを出したものの…

 ただ見るだけ…

作戦失敗です。
PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
杏ちゃん、親の心子知らずだね(^-^;
体が火照ってるのかな~ワンコのほうが寒さに強いからかな?

ワンコって飼い主の気持ちを感覚で読み取るよね。私が体調悪いとプーにもすぐうつります。だから元気にならなきゃと思うときもあるし。
知り合い夫婦の愛犬が病気で、私が行ったときはちょっとショックを受けるくらい足がふらついてまともに歩けなかったの。でもその夫婦は愛犬の前でいつも笑顔で普通に接していた。いない時はどんなに泣いていただろうと思ったけど。愛犬にはわかってしまうからね~って。尊敬しちゃったな。
misaさん、人のつながりってありがたいね。供血メールが届いているようでホッとしてます。
yummyyummy| | 2009/10/27(Tue)15:47:47| 編集
無題
供血のメールが届いているようで、ほっとしました。
こちらも引き続き、声賭けをします。

さあしゃのときも一日中ガタガタガタガタと震えが止まらず、やはり冷たくて硬い床にガン!と頭を打ちつけるようにしていつも倒れていました。息使いもいつも聞こえるほどに荒くはっはっはっていう呼吸をしていました。

皆でベッドに寝ていたので、布団を床に下ろして床で寝るようにしたのに、いつも一人で冷たい床に倒れていました。夜はほとんど眠れなかったようです。

なにか、この病気に関係があるのですかね。。。
あとは未だに先生にも分からないことがあるのですが、
ずっとずっと肉球をなめ続けています。

まだ分からないことが沢山あるこの病気。

なんの慰めにも励ましにもならないけれど、、、、。
同じような感じだったので、、、。
それでも、さあしゃは一年たった頃からどんどん良くなってきています。(そう!これが書きたかった!!)

絶対に希望を棄ててはだめです。
しつこいけれど、がんばりましょう!!

杏ちゃん。がんばるんだよ!
sasha| | 2009/10/27(Tue)17:14:26| 編集
無題
いい先生。
銀も2軒目の命を救ってくれたお医者さんには楽観的な言葉はひとつももらえませんでした。
集中治療で預けてくれるなら診てもいい、そうじゃなかったら可能性は殆どないに等しいから連れて帰ってもらわないと、って言われましたから。
そんな銀もあんなに元気になりましたよ^^
杏ちゃんの先生、しっかり命を守ってくれますよ、きっと。
なんだか頼もしい先生だと思いました。

銀もすごい呼吸で肺からも音がもれてるような感じでした。
銀のそばに行かなくても家中音が響いてました。
1日たつと、その音が聞こえないと不安で^^;

少し熱があるのかな?
銀も床を好んでました。
だからタオルをかけたり、、misaさんと同じでしたよ。

この病気に出会ってから、その辛さや不安が痛いほどわかります。
でもわん子の生命力や家族、周囲の人の支え、これもどれほどすごいか見にしみてわかります。
病気は悪いことばかりじゃないです。
楽観視するわけじゃなく、私はそう思うようにしてます。
今まで見えなかったものが見えたり、なんてことなかったことが幸せだったり。
だからこそ杏ちゃんにはもっともっとmisaさんと絆を深める時間を持ってもらいたいです。
もっともっとたくさん生きてもわらなきゃ。

供血、なかなか見つからず申し訳ないです・・
小さいわん子はいるんですけどね。
引き続き声かけしますね!

杏ちゃん、misaさん、負けないで!!
カン太ママ| URL| 2009/10/27(Tue)17:31:37| 編集
はじめまして
はじめまして。りょうさん伝いで やってきました。
杏ちゃん 元気になってね。家族のかたは、そばで 杏ちゃんが苦しむところを見て 心が  痛いでしょう。読んでて 涙が・・・文章にできません

気の利いた言葉が浮かばず・・・でも、 杏ちゃん 頑張って!応援してます。
ヴァニコ母| | 2009/11/05(Thu)12:21:57| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]