忍者ブログ
[64] [63] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53
午後から雨と言う事と、翌日が休診日と言う事で
朝から獣医さんは混んでいた。

昨日帰ってからの様子を伝えて、預けて帰る。
李も血液検査をしてもらおうと、一緒に連れて来てたけど
今回は見送り。

随分と李の事を構ってあげれる余裕がないから
家では鳴きまくり。
ストレス、溜まってるのは目に見えてわかる。
なので、ほんの気休めかもしれないけど
帰りに公園に寄って、一緒に走ってあげる事に。

 李、いつもごめんやで。

病院から3時半に迎えに来てくれと電話。
再度、李と一緒に出掛ける。

出てきた杏は、昨日のパルスの後よりも調子が良さそう。

今日はパルスだけでなく、レントゲンで肺の検査。
(鼻水が出るようになったので。)
肺は問題なし、心臓も問題なし、腎臓も問題なし。
胸水も今の所は見られないとの事。

後、昨日は10kgだった体重(初めて診察を受けた時は9.6kg)が
今日は10.3kgに増えていたため、少し腹水を抜いた。

ただ、血小板が随分と少なくなってるから
血が止まりにくくなってるそう。

腹水を抜くために、刈られた毛の下に見える肌は
悲しくなるくらいに黄色だった。

家に着いて、カラーを外してあげると
今日は前足のテープを外す元気がある。
薬がきつくて寝がちだけど、ご飯も完食。

ただ、先生からおしっこの量が増えると言われているのに
全くその気配がない。

夜、呼吸がかなり荒くなる。
眠いだけなのか、朦朧としているのか
呼びかけにもあまり反応しない。
パルスがきつくて苦しいのか
それとも体が苦しいいのかも、わからない。

その様子を見た娘が、ココに来て初めて泣き出す。
泣いている私を見ても
「母さんがそんなんやったら、あかんやん。」
「まだあかんって決まった訳、ちょうやん。」

そんな風に叱ってた娘が
「最後まで泣かんとこうと思ってたのに。」
って、泣いた。
彼女なりに、一生懸命我慢しててんな。

眠れない夜を一晩過ごし、何とか朝を迎えた。

この病気になって、初めてご飯を残した。
相変わらず、おしっこの出も悪い。

朝8時半頃、「洗濯物、干してくるからな。」と杏に声を掛けて
ベランダに出た。
杏を見ながら洗濯を干してると、「ひっ、ひっ。」と聞こえてきた。
あわてて駆け寄ると、しゃっくりの逆で
「ひっ、ひっ。」と、吸い込んでいる。
呼吸も弱い。
呼びかけにも反応が鈍い。

もう、だめだと思った。
10時に獣医さんに行く予定だったけど、連れて行けそうにない。
病院に行けそうにないと留守電を入れ、体を撫で続けた。

抱いてあげようと抱えたら、少し反応があった。
もう一度病院に電話する。
「今すぐに来て。」と言う先生に
思わず「連れて行くんですか?」と言ってしまう。
「このまま家で看るんか?」
先生にそう言われて、目が覚めた。
「送ってくれる人、探してきます。」
杏を腕の中から下ろしたくなかったから、隣の友達に頼むつもりで
杏を抱いたまま、外に出た。
だけど歩く振動で杏が起きたので、そのまま私が連れて行く事に。

病院に着く。
昨日10kgに減った体重が、10.2kgに増えている。
腹水?
それとも胸水?

診察台で、決して伏せる事のなかった杏。
今日、初めて伏せをした。
立つのがしんどいんだろう。

「今日のパルスはやめとこう。
 おしっこが出るように、利尿剤だけ入れておくから
 しっかり様子を見るように。
 明日の様子をみて、明日からの治療を考えような。」


初めて先生の前で泣いた。

家に連れて帰るなり、吐きまくる。
朝ご飯はもう胃にはないだろう。
ご飯を出しても、首をそむける。
横になったまま動かない。
私もずーっと横に付いていた。

今にも消えそうな呼吸。
呼びかけに時々瞳を上げるけど、殆どは閉じたまま。
眠いだけなのか、それとも意識が遠のいているのか
やっぱりわからない。
時々痙攣する。

前足を持たれるのが嫌いな杏。
私が握ると、いつだって拒否。
なのに、今日はじっと握らせたまま。
拒否する元気もないのかな?

マイナスな考えだけは絶対にあかん。
そうわかってるけど頭の中はマイナスだらけだった。

それが少し好転したのは、耳に体温が戻ってきた事。
おしっこさせに外に出ると、自分で立って足す事。
昼にいくらご飯をやっても食べなかったのに
いつもの量とはいかないけど、夜にはそこそこの量を食べれた事。

そして今
昼間の呼吸とはうって変わって、早い荒い呼吸。
だけど耳も手も暖かいし、舌の色も随分良い。
多分、危険な状態にかわりないだろうけど
昼に泣き尽くしたからか、私は今落ち着いている。

ただ今夜も、眠れない夜になりそう。

 杏の傍でヘソ天で寝る李。
                    わかってるんだか、わかってないんだか。






PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
がんばれ!!
今はパルスで体調を崩していると言うこともあるので、
杏ちゃんを信じて、お医者様を信じて、神様を信じて!!!
遠くて何も出来ませんが、本当に心から祈っています。
今は苦しいけれど、いいときが必ず来る!!!
sasha| | 2009/10/16(Fri)18:21:22| 編集
sashaさん
何もできないなんて、とんでもないです。
病気と闘って、今元気でいる
それが、次に病気になった子達やその飼い主さんにとって
大きな励ましになるんですから。

供血のお願いも始めました。
私もsashaさんを見習ってやってみます。
misa| | 2009/10/17(Sat)00:42:55| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人五年目の娘
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

社会人三年目の息子は、八尾で一人暮らし
単身赴任十年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]