忍者ブログ
[52] [51] [50] [49] [48] [47] [44] [43] [42] [41] [40
朝4時、自分で歩いて水を飲みに行き
6時、外におしっこに連れて行ってあげると
きちんと自分で立って用を足し
朝ごはんも、いつもの量をきちんと食べた。

10時、おしっことウンチに連れて行った。

きちんとおしっこをして、ウンチもした。
ウンチはもう十分出てるのに、気持ち悪いのか何度も息む。
薬の影響でただでさえ緩いウンチ。
最後は体液しか出てこない。
それでも何度も息む。
家に連れて帰って部屋に入れると、ぽたぽたとお尻から体液が漏れている。

朝、一瞬目がうつろだったこともあり
食欲はある
まだ立てる
お腹の底から声が出る
だけども、念の為に病院に連れて行った。

別のニャンコの診察に、待合室に出てきた先生が杏を見て
「今日はえらい元気がないなぁ。」と言う。
診察室に入ると、先生は
「輸血しやなあかんかもやな。」と言った。
この前よりも、首に力が入ってない。
首を持ち上げる力がないのだ。

だけど、食欲もあってまだ歩けてる。
その状態で輸血を選択するのも、先生にとっては勇気のいる事のよう。

血液検査のため、大切な血を採取。
すぐに注射器に入ってこない。
だって10%もないんだもんね。

次に診察室に戻った時には、もう輸血の準備が進められていた。

9%あったPCVが、今は6.8%しかないそう。
9%でも即輸血の状態だったけど、余力の事を考えて少し様子を見た。
だけど食欲もあって立ててたとしても、さすがにこの数値はもう限界以下。

点滴の準備をしている杏の頭を撫でるのが精一杯だった。
「頑張るんやで。」そう言うと、涙がこぼれそうだった。
だから、ただ撫でていた。
再度診察室に入ってわずか5分で、私は一人でそこを出た。

帰り道、危ないのはわかってるけど涙が止まらない。
対向車の運転手さんには、きっと丸見えだっただろうなぁ。

家に着いてリビングに上がると、李が不思議そうに辺りを見回す。
「あれ?母さん、杏と出て行ったよな?杏は?」
そんな感じ。



病院からは幸いにも連絡がない。
第一の山(輸血を始めてすぐのショック)は乗り越えたようだ。

「なにか、変やなぁ。」そう思いながらも寝てしまった李のお腹が
痙攣のようにぴくぴくしている。

それを見て、「杏、苦しいんかなぁ。」
そんな事を思ってしまう私は、やっぱりまだまだだ。


朝ご飯を食べ終わった杏の顔を見たら
右目から涙が一粒零れた。



ねぇ、杏
あの涙の意味は何だったん?






PR


この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
杏ちゃんも自分の体に何が起こってるのかわからないから不安だよね。
今日は病院にお泊りなのかな・・・・・無事終わったようだけど。
とにかく一日一日だよ!!
yummyyummy| | 2009/10/02(Fri)21:54:38| 編集
ゆみさん
多分すっごいしんどいんだと思います。
だけど、少しも苦しそうな顔をしない。
そう言えば、杏はそんな子だったなぁ。
いつもいろんな事を我慢してた。

今くらい、わがままになってもいいのになぁ。
misa| | 2009/10/04(Sun)06:19:45| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
misa
性別:
女性
自己紹介:
社会人二年目の息子
社会人四年目の娘
フラッフィコーギー
野良出身のにゃんこ三匹と暮らしています。

単身赴任八年目の旦那は、只今名古屋で単身赴任中。

保護犬の幸せ探しのお手伝いを
はじめました。

過去記事は、こちらに。
HP:

2002年10月26日生まれ
プチフラッフィーコーギーの女の子
2016年9月8日
お星様になる
享年 13歳11ヶ月

2012年5月
悪性神経鞘腫と診断され、摘出手術
2014年5月 寛解

2014年9月
糸球体腎炎の疑いありと診断
2014年11月
投薬(ENACARD)開始
2016年3月
投薬(レンジアレン)開始
2016年8月
皮下輸液 開始
くらら

2012年8月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2012年9月 保護
2013年8月 我が家の子となる
しいな

2013年6月くらいに生まれる
野良猫出身の女の子
2013年8月 保護
2014年6月 我が家の子となる
たいち

2014年5月くらいに生まれる
野良猫出身の男の子
2014年7月 保護
2015年2月 我が家の子となる

2000年10月30日生まれ
コーギーの女の子
2009年12月30日
免疫介在性溶血性貧血で
お星様になる
享年 9歳2ヶ月

コーギースタイル Vol.27

辰巳出版より 2011.5.30 発売

杏の闘病記を掲載していただきました
巻末 P90~P93
Instagram
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新コメント
[03/02 みみっぺ]
[02/18 春日]
[11/01 ミルハルママ]
[10/20 こすこはママ]
[09/10 りょう]
最新トラックバック
Copyright ©   aplumricot   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]